一間バサミ〜三々入り〜基本対策



スポンサードリンク                                





棋譜再生


基本形、3の後4と三々に入るのは最もよく打たれている手法です。
その後7の伸びは絶対でここで黒から白6の一路上にはねると定石外れとなりこの手の咎め方が問題となってきます。

棋譜再生

おそらく多くの方がこのように打ってしまうのではないでしょうか、
基本形と見比べてみてください、なんだか黒が白を押し込めているように見えませんか。
これだと基本形と比べて先手はとれたものの白8、10と2線を這わされており黒の厚さが勝ります。
碁では序盤から2線を這う手は『相手の形を崩して眼形を奪う』時以外は悪手となる場合が多いので
あまり打たないほうが良いかと思います。
また、

棋譜再生

二線を這うのが嫌だからといって白10、黒11の交換をせずにこのような形となった場合。



棋譜再生、14手抜き


棋譜再生、14手抜き

黒15が先手で決まるためこの2通りのうちどちらかの守りが必要となります、手抜きは1石を取って死となります。

さて、肝心のとがめ方ですが


棋譜再生



棋譜再生


白8の下がりが冷静な好手で以下どう変化しても黒良くなりません。なので7は伸びる一手となります。最も上手がこういった手を打った場合相手の力を試しているかもしれません。


棋譜再生


その場合このように進行するのが黒の最善でやや白よしみたいです。
実際ネット碁で打たれる定石はずれで最も多いのがこれだと思います。





 
 

ブログランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

はてなブックマーク - 一間バサミ〜三々入り〜基本対策
ブログパーツ